乾燥肌にならないためにどうしたらいいの!?@予防策はあるんです!

 

暖かい季節の乾燥予防対策

暖かい季節は寒い時期に比べると空気が乾燥していないので肌もそこまで乾燥することはないといわれています。しかし、空気が乾燥する以外のことで乾燥肌に注意しなければならない事があるのです。それは日焼けです。

日焼けをした肌の内側がどうなっているかご存知ですか?実は水分がカラカラの状態で潤いが無い状態になっているのです。なおかつ日焼けをしているので炎症を起こしており肌に痛みも出てくる状態になります。

日焼けをしてしまった場合は潤いを与えてあげることがよいといわれています。そして炎症を起こしているので冷やすことも大事になります。日焼けによる乾燥を防ぐために必要なことは日焼け止めクリームを塗る事です。

今はたくさんの日焼け止めクリームが販売されているのですが、実は晴れている日だけではなく曇っている時も日焼け止めクリームを塗る事が大事だといわれています。


日焼けは太陽がでているからだけではなく紫外線が原因で焼けてしまうこともあるのです。紫外線は曇っている時の方が強く放っていると言われていますので注意が必要です。

日焼けをしないように気を付ける為には日焼け止めクリームを塗ることと、直接肌を露出しない事がよいといわれています。例えば自転車に乗る時に半袖になっていると腕が直接太陽の照りにあたってしまいます。

日焼け止めクリームを塗るだけでは防げないかもしれないので薄着のカーディガンなどを羽織っておくと日焼けを防止できると言われています。空気が乾燥している以外でも乾燥肌になる事もありますので気を付けるようにしましょう。

寒い季節の乾燥予防対策

夏の暑い日がすぎていくと秋の涼しくて過ごしやすい季節に突入します。涼しくて過ごしやすいと思っているのもつかの間でだんだんと寒い季節になっていくのです。冬は寒いので重ね着することも多くなると思います。


服の種類によっては肌から水分を奪っていき乾燥させてしまうようなものもあるようです。特にフリースは肌に直接あたると肌の水分を奪っていくことがあるようですので中に何か薄手のシャツなどを着ることをお勧めします。


さて、そんな寒い季節の乾燥予防対策の方法についてなのですが、寒い季節は空気が乾燥しているということもあり、毎日保湿をしっかりと行うことが必要になります。

少しでも乾燥していると思ったら、化粧水や乳液を塗ってあげることが大事になります。そして肌全体が乾燥しやすい場合、ボディクリームなどを常に持ち歩き気づいた時に塗布してあげることがオススメです。皮脂欠乏症と呼ばれる病気も冬場に出やすいと言われています。

肌が乾燥することによりかゆみがでてくることもあり、ひどい場合は飛び火になってしまうこともあるようです。子供の場合は痒みが我慢できないこともありますので親がしっかりとクリームなどを塗布してあげて様子を見なければなりません。

寒い季節の予防対策は乾燥してきたと思ったらすぐに保湿をしてあげることが大事になります。空気の乾燥を防ぐために加湿器を付けておくことも乾燥を防ぐポイントになります。

特に夜寝ている間は空気が乾燥しやすいといわれていますので加湿器を付けて寝るといいですね。

朝の乾燥肌予防対策

朝起きて、一番初めに何をしますか?トイレに行く人もいれば顔を洗う人もいると思います。実は朝起きた時も肌は乾燥していることが多いのです、夜眠る前に保湿をするために基礎化粧品をしっかりと塗布したとしても、朝には吸収してしまっているので乾燥していることがあります。

眠る時に枕を使っている人もいると思うのですが、枕に水分を吸収されていることもありますので朝もしっかりと乾燥肌の予防対策を行うことをお勧めします。しかし、朝は忙しいと思うので夜ほどゆっくりと基礎化粧品を塗ることはできないと思います。

そこで簡単に乾燥肌を予防する方法をお伝えさせていただきます。まず一つ、部屋の空気を乾燥させない事です。加湿器を付けることにより部屋の湿度があがります。少しでも湿度をあげておくことにより乾燥を防ぐことが出来ます。

しかし、あまりにも湿度をあげてしまうとお化粧ノリが悪くなってしまうかもしれませんのでほどほどにあげるようにしましょう。そしてもう一つ、顔を洗った後に服タオルなのですが、タオルを使うのではなくティッシュを使うと肌を傷つけなくてよいと言われています。

顔にこびりつくと思う人もいると思いますが、実は一番傷つけずに肌から水分をとることができるのです。乾燥肌を予防対策するために朝はティッシュで顔をふくようにしてみるといいですね。


朝は時間がない人も多いのであまり手の込んだことはできないと思います。少しのことで乾燥を予防できるといわれていますので習慣づけていくように心がけてみるといいですね。